予備校と高校の本来の姿

毎日の勉強に力が入る

分からないところがあればいつでも講師に聞くことができる。
講師は受験のスペシャリストでもあるのでどのアドバイスも分かりやすく、論理的に教えてくれる。
またその他に予備校が良いポイントはチューターだ。
彼らのほとんどはアルバイトとして働いている大学生だった。
受験に対しての知識は受験のつらさやノウハウは受験生にとっては一番近くで感じ、吸収することが出来る。
自分がどの大学に行けばいいのか悩んでいるときもチューターと相談し、オープンキャンパスに行ったり、仕事に強い大学を探してくれたり、模試の結果から自分の弱いところ(分野)、強いところ、これからの各分野における時間分配等を親身になってアドバイスをくれた。
予備校は定期的に模試を強制的に受けさせられるので、毎日の勉強に力が入る。
学校では、自己推薦で勉強をしていない人がいたりするので、受験生にとっては受け入れがたい現状であったのは否めないだろう。
私が思うに、高校と予備校の違いは、「自分」と「勉強/成績」の2つの項目に分けられている。
人間力や一般教養を磨くのは学校、専門的に勉強したいなら予備校になると思う。
特に、どっちがよいかなんて自分が言える立場にはないが、結局は自分の哲学に揺れがなければ自分の向いている方にシフトを変えればいい。

部活で忙しく勉学を疎かに親が進めてくれた予備校毎日の勉強に力が入る